北欧3国アニメ事情

ミリタリで、かなり深いところまで到達した人が
一度は嵌ることが多い「フィンランドらぶ」の感覚。

向こうさんでも日本は好意的に受け止められているとのこと。
まあ歴史的経緯とかありますし。どのくらい受け入れられているかというと、
「三笠公園」の売店でフィンランド産の「トーゴービール」が買えるくらい。
では、日本アニメはどうかというと、こちらもまた然り。
何せ、「ムーミン」の故郷であり、「牧場の少女カトリ」の故郷ですから。


では、向こうにアニメ・漫画文化はどの程度受け入れられているのかと
調べてみると、ちゃんと専門誌があって、専門店があるそうです。

フィンランドのアニメ雑誌。ちゃんとアスカが表紙だったりします。


こちらはフィンランドのコスプレサイト

(あちらのコスさん)
http://kuvat.aniki.fi/displayimage.php?album=37&pos=29

向こうでこのキャラの意味が本当に理解されているのでしょうか?
あ、言語系整えないとデフォで文字化けするので注意です。


ちなみにおとなりのスウェーデンも盛り上がってきたらしい。
ドラゴンボールとセラムンのヒット以来、急速にファン層が増えてるそうです。

スウェーデンのコミックサイト


ノルウェーもそこそこ流行ってるみたいだけど、ネット情報じゃ分からなかった。
ノルウェーのアニメ情報って「ピンチクリフ」しか思いつかないし。
この間まで再公開してたみたいですが、本当にこれ30年前に作られた
クレイアニメなのか?
これみたら「ウォレスとグルミット」なんて霞んでしまうんですが。

ここからちょこっと見れます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アンパンマン 動画.com

    Excerpt: アンパンマンに関する情報です Weblog: アンパンマン 動画.com racked: 2007-04-09 13:40