アルシャーク

先日知人友人達と焼き鳥屋に行った時の会話。

司書「俺、あまりドラクエとかしてないんですよ。3までかな?」
A「ああ、俺も4までかな?」
B「俺も4まで。当時はPC98のゲーム消化に忙しかったからなぁ」
司書「ですよね。あの当時、RPG豊作でしたし」
A「ああ、エメドラとかブライとかやったなあ」
B「ルナティックドーンとかサークとか。アートディンクは良い会社だったなあ」
司書「アルシャークとか好きでしたよ。あのシューティングのやつ」
AB「あれ、クソゲーじゃん」
司書「…。」

という屈辱にまみれた訳ですが、まあ世間一般的に「アルシャーク」の評価は
低いです。


「アルシャーク」は1991にPC98シリーズで出たRPGです。
作ったのはライトスタッフ。「エメラルドドラゴン」を作ったグローディアから
分離したスタッフが立ち上げた会社です。

ゲームの中身はこんな感じ(X68000版)


ゲームシステムは前のエメドラとあまり変わってないです。
このゲームの特徴といえば、
地上を移動中は普通のRPG的戦闘なんですが、
宇宙に行くと急にSTGになる変化の激しいバトルシステム
あと、処理落ちが…。

ヒロインのショーコ・ペンローズは好きだったな。
記憶にある限り、ゲームのヒロインで最初のメガネっ娘
気がします。

シナリオはひたすら熱く、臭かった…。
開始早々に主人公の家族は殺され、幼なじみの親父は敵の親玉ですからw
古き良きあの頃のストーリーが楽しめます。熱血という言葉が
普通に使われてた時代だったし。

キャラデザ・CGは木村明広氏。最近だと、電撃GAOに
スパロボOGの漫画連載してたはず。
ああ、これね。


万人受けしないのは認めますが、RPG好きなら試しに手に取って見ても。
といっても、発売されたのは98、X68、タウンズ、PCE、メガドラCD
しかないから出来ないかw
好きなんだけどなぁ…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック