伊達政宗

2年に1度くらいやってくるマイブーム「海音寺潮五郎まつり」。
他のお祭りに「北方謙三まつり」とか「阿部龍太郎まつり」とかがありますが、今回は「海音寺まつり」でした。

で、何が良いかな?「武将列伝」でも読み返そうかな?と思いましたが、久しぶりに「伊達政宗」にしました。
他の著者の政宗像は豪快、快活な正宗が多いのですが、海音寺版は結構うじうじと内向的です。小十郎は他と違わず冷静沈着ですが。

読んでてふと思ったのですが、海音寺潮五郎の歴史モノって意外と合戦描写が少ないです。主人公個人を書くのに力を置いているのかも知れません。

後、海音寺小説って個人を最後まで書くこと少ないですよね。「天と地と」もそうだし、「伊達政宗」も慶長年間でストーリーが終わります。
伊達政宗は老年時代も結構面白いエピソードが多いので(「武将列伝」の伊達政宗の項には、その辺結構書いてあるので作者が知らない訳はないのです)、出来れば関ヶ原まで書いて欲しかったと思うのは私だけでしょうか。

せっかくなので、松永義弘の「独眼竜政宗」も読んでみようかな。津本陽版は読んだけど、こちらは未読なので。

この記事へのコメント