時代祭

久しぶりに京都に行く用事があり、スケジュールが丁度あったので、時代祭を見物しにいってきました。

時代祭


時代祭


時代祭


時代祭


時代祭


新幹線の指定席の都合で戦国時代くらいまでしか見られず、今年から新しく行列に加わった室町絵巻や平安絵巻は見ることができなかったのですが、それでも充分楽しめました。

ずっと京都に住んでいた経験がありながら、実は初めて時代祭を見に行ったのですが、流石は有名なお祭り、凄い人手でした。
異国の人が多かったのも時代の流れかな?と思いましたが。しかも日本人より熱心に見てるし

後半になると行列も疲れてグダグダになると聞いていたので、御所の入り口のところに陣取って、ちょっと人混みで見づらかったですが、ほどほどのポジションを確保。相方と二人でのんびり見物です。のんびりし過ぎて新幹線に遅刻しそうになりましたが

幕末京都ネタは維新の志士が中心です。まあ、御所から出発する伝統ある行事ですから、当然といえば当然ですが。
新撰組や白虎隊とかも出てくるのかと期待して見に行く人も結構いるんじゃないかと思います。歴史の勉強ってこういう時に大事になりますね。あまり深くても違う道に進んでしまう場合があるので、ほどほどが良いとはおもいますけどw

戦国は丹羽長秀や滝川一益とか、ああ、こういう武将が出てくるのかと意外な感じがしましたが、よくよく考えてみると、信長の上洛をモチーフにしているので、当時旬だった武将ってこの辺ですね。爆竹の馬揃え(天正9年でしたっけ?)だと凄いお金かかりそうですし。
あ、室町絵巻も今回は予算の都合であまり大きな行列にできなかったそうです。次に期待ですね。

仕事し始めてからは、京都の三大祭は見に行く余裕がなかったのですが、こういう機会があればまた来たいものです。
次はいつ京都にいけるかさっぱり分かりませんが。

この記事へのコメント