ダルビッシュを褒めようぜ

昨日の日本シリーズ第五戦。

53年振りの中日日本一。8回まで完全に日本ハム打線を封じた山井の凄い投球。その山井を替える落合監督の采配。自分なら腹が痛くなるに違いないプレッシャーだろう状況できっちり締めた岩瀬のベストピッチ。育成選手から日本シリーズMVPになった中村。
ドラマが満載な上に、今年のベストゲームの一つに挙げられるような緊張感ある好ゲームで、見ていてとても面白かったと思います。

今朝のスポーツ各紙も、「非情、落合采配」「山井、非情の交代」「感涙、中村MVP」みたいなタイトルが踊っていました。

ですが、もし私が今回のシリーズで自由にMVPを選んでいいなら、迷わずダルビッシュを選びます。


無走者試合がゲームとしても面白くなったのは、7回5安打1失点という好投を疲労困憊でありながら成し遂げたダルビッシュがいたからこそ。

シリーズが中日の一方的展開にならなかったのも、1戦、5戦とダルビッシュが悪いながらも、ちゃんと抑えたからこそ。

5試合で7点しか取れなかった日本ハム打線の力を考えると、ダルビッシュがいなければ4戦全部大敗していてもおかしくありませんでした。

野球はチームでするスポーツなので、1人の選手がどれだけ凄くとも、勝ちに繋がらない場合が多いですが、1人凄い選手がいればココまで粘れるのもまた事実であろうと思います


日本ハムはセギノールも退団し、打線を一から立て直す必要があります。
来年3連覇できるかは、オフにどれだけ打線の強化ができるかに掛かっているでしょう。
ただ、やはり来年のチームの軸はダルビッシュ以外に考えられませんが。

打線の立て直しか。…それは阪神にも言えることですな。


しかし、今年はセパともに面白かったシーズンでした。クライマックスシリーズは功罪意見われていますが、応援していないチームが独走する可能性を考えると、個人的には今のままで楽しむ可能性が増えるので良いかと思いますが。
要は勝てばいいんだしね。

さ、来年は楽天がAクラス入りするのを楽しみにしています。後、投打に1枚ずつ増えれば結構面白いと思うんですけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント