金魚ピンチ!

一昨日は家を空けていたおり、昨日帰宅した後、暇だったので、金魚の水替えをすることに。


とりあえず朝に餌をあげて、食べ終わって落ち着いた状態で、土曜日にくみ置きしておいた水に調整液を入れて、水槽の1/4を交換。
ついでに、水草を綺麗に直したり、水槽の隅っこに溜まっていた塵を掃除したり。



で、暫くして様子を見に行ったら、ちょっと様子が変です
小さい方が上手く泳げず、ちょっと傾いた状態で、水面でもがいてます。

「うわ!どうしたお前!」

と様子をうかがうと、よく食べよく寝る子なので育ちが良すぎる上、朝ご飯を食べ過ぎたせいで、浮袋のトリムがおかしくなった様子。

ん~~~~~。と、ちょっと考えて、病気用のミネラル塩を水槽に投入することにしました。

うちの水槽は30リットルくらいなので、小さじ一杯くらいだな~。と取説で確認した上で、塩を水槽に投入し、ちょっと置いておくことに。
上手く泳げないピンポンが水流でクルクル翻弄されているので、エアポンプも暫く停止させます。



…2時間後。

「さて、元気になったかな?」と様子を見に行ってみると…

なんで!!! もう一匹も浮かんでるじゃないか!!!

もう一匹は傾いたりはしていないのですが、上手く潜れないというか、底に潜ろうとすると途中で浮力が大きすぎ、水面に浮かんできてしまうようです。
もちろん調子の悪い方は完全に水面にぷかぷか。


…ぽんっ!

そうか、塩を入れたせいで水との比重が変化して、浮力が増してしまったのか!

普通の魚ならそんなことはないのでしょうが、天下に轟く泳ぎの下手なピンポンパール。しかもその体型はピンポン球そのものです。


対応。

1.もう一度、1/4水替を行ない、塩分濃度を低下させる。
2.水槽レイアウトを変更し、水草で水流を弱める空間を作り、そこに弱った金魚を誘導。
3.とりあえず暫く餌抜きで体調の回復を待つ。



で、昨日はその手当をして、先程帰宅。

傾いていた小さい方は完全復活。元気に餌をねだっています(今日も絶食で明朝からとしますが)。

大きい方はちょっとぐったりして水面付近を漂っています。単にものぐさなだけな気もしますが、気になるのでもう少し様子見。


しかし、改めてピンポンパールの虚弱ぶりに驚きました。冬場の水替はあまり宜しくないということで、ちょっと水をぬるめてから換えたのですが、やはりショックがあったのかと反省しています。

…でも、替えないとアンモニア濃度とか濁りとか気になるんですよね。

とりあえず、今週予定していたフィルター交換は、春になって暖かくなるまで延期することにします。

この記事へのコメント

2008年02月21日 02:44
こんばんは。
ピンポンは・・・その後快復してますでしょうか?
多分・・転覆病の一歩手前だった様ですねぇ!
この時期でも・・・1/4の水替えは間違いでは無いのですが、
水温管理を正確にした方が良かったですね!
水替えの前に水槽内の水温を確認しておいて・・・
バケツの水を、お湯で水槽内の水温に合わす必要がありましたよ!
夏場なら少々の温度差は平気ですが・・・この時期・・・特にピンポンなので!水温が2℃以上差があれば、転覆を招いてしまいます。(琉金でも、温度差が無い様に注意してますよ!・・・和金は少々の水温差は何とも無く平気ですけどね!)・・・確かヒーターアップしてますよね!?・・・それであれば、塩水浴はせずに・・・先ずは、2日位の餌切りをして・・・水流を抑えて・・・後は餌の量を今まで与えていた量の、1/2 or 1/3程度にしばらくの間、抑えてやれば全快するでしょう!・・・・・まぁ・・・私の経験談なので・・・御参考までに!

2008年02月21日 23:15
>KAZU-PaPa様

とりあえず、餌切りして様子を見たら、大分良くなってきたようです。
大きいほうはまだ具合悪そうなので、今日は餌切りして明朝ちょっとだけ餌をあげる方向で対応してみます。

確かに水替えた後に急に様子がおかしくなったので、ちょっと油断というか甘く見ていたところがありますね。
気をつけるようにします。

アドバイスありがとうございます。