ブライトシャドウやってます

先月からはじめたブライトシャドウももう1ヶ月くらい。

これまでブログには書いてこなかった(というかinし続けてブログサボってた)ので、ちょっとこれまでの冒険の経緯なんかをまとめてみたり。

※MMORPGは素人です。まともにプレイするのは、これが初めてということ前提にお読みください。


1日目:
とうとう、ブライトシャドウを始めてしまいました。
まずは無職の「ビギナー」からスタートです。
チュートリアルを確認し、貧弱な装備を支給してもらい、練習マップで練習クエスト開始です。
ポクポクとスライムや蝙蝠を殴ります。
地味にクエストをこなして、数時間後Lv10になったので一次職転職クエストを受ける事に。

…そういや、何になりたいか、決めてなかったな。


なにぶん、オンラインRPGをまともにプレイするのは初めてなので、とりあえず操作系が簡単なのにしようと思い、ファイターさんに転職することにしました。

魔法は弱いが物理が強い、前衛一直線の職業です。
といっても、パーティ組んだことないので良く分かりませんが(w
他のプレイヤーと会話してないし、ただのコンシューマーRPGと変わらないな(^^;

転職クエストもサクっと終わらせ、いよいよメインマップに移動しますよ。




2日目:
一次職に転職し、いよいよメインマップでの冒険が始まります。
フォレスタルに飛ばされた後、とりあえず幾つかクエストを受けて、いざ、魔物の待つ地に出撃です。

指定されたモンスターをポクポク殴って、クエストアイテムを回収します。
ポクポクポクポク…序盤はクエストをクリアを中心にしたほうが、単なる経験値狩りより稼ぎがいいですね。

セントメテオに移動してリュックに一杯になったアイテムを売り飛ばし、
ふぅと一息。レベルはみるみるうちに18まで上がりました。


おや、いきなり「内緒」が飛んできた。
誰でしょ?知らない人だな?というか、このゲーム内に知ってる人はいない(w

チャット機能使うのも初めてだな、これでいいのかな?と操作して確認すると、ギルドのお誘いでした。
ギルド所属してないし、そろそろ考えたいなーと思っていたので、OKすると、早速パーティ組んで狩りに連れて行ってもらいます。


パーティコンボって素敵です。これまで苦労していた敵もコンボで薙ぎ払える♪
ファイターさんはどの職業ともコンボ組めるんですが、自分で発動できないのでちょっとつまらないといえばつまらないですが(w




4日目:
ギルドに所属してから、色々なテクニックを教えてもらいます。
ついでに余った装備も譲ってもらったりして、みるみるうちに強くなっていくファイターさん。

レベル25になったので、これまで封霊の地でのんびり狩りをしていたのを、少し遠出にチャレンジしてみることにしました。
雷光の平原は物理系では辛いのですよ、というアドバイスを聞いてセント平原で狩りをすることに。
赤ポと青ポを沢山背負って、いざ出発!

フィールドに入ると弱そうなスライムがもぞもぞと動いています。
これくらいなら楽勝じゃん♪と思ってポカっと殴ってみると、全然ダメージが与えられません。
Lv1以来、久しぶりにスライムとの死闘が始まりました。

あっという間に枯渇するポーション。持ってくるの足りなかったかなぁ?と街に戻って補給します。
あー遠いよー、なんて話をギルドの人にしたら、「フィールドの真ん中の島で売ってるよ」とのアドバイス。
ちょっと足を伸ばして確認してみると…本当だ。移動時間15分の無駄が判明してがっかりです。
暫くはこの島を拠点に狩りをすることにしましょう。




7日目:
ようやくレベル30に到達。もうちょっとで31武装が装備可能です。
狩場の敵も手強くなって、現行装備ではそろそろキツくなっていたので。

「封霊の塔」のクエストにペットがもらえるのがあるそうで、魔法防御強化のペットがほしいというギルドの人のお手伝い。
ちなみに私はペットを装備してません。あれば便利だけどSP食うしね。

塔クエストといえば、この間チャレンジして半分くらいでギブアップした鏡100枚叩き割るクエストを再チャレンジしてきました。
流石に今度は成功です。グリーンカードも100枚超過したので、騎乗ペットの虎と交換してもらいました。
乗ると少しだけ移動速度が速くなるので、用事のないフィールドを抜けるのに便利。
でも、たまに走っている白虎のスピードがうらやましい。
あれって課金アイテムだしねぇ。




9日目:
最近はパーティ組んでの狩りがMyブーム。
パーティで経験値を分割しますが、ソロで狩るより効率が良いのです。
何より死んでも蘇生してもらえます(w

狩りの中心はセント平原の洞窟。
物理系だけではかなり厳しい狩場ですが、パーティ組んで魔法支援があればサクサクと狩れます。
目玉とミイラを狩りまくって、レベルアップに勤しみます。


パワーアタックの使い方をシューターの人に教えてもらいました(w
クールダウン時間と所用MP/SPを計算して途切れないように打ち込むのがコンボのコツとか。
なるほどね~、これだとコンボが出やすい♪
しかし、別職の人に教えてもらうのもどうかと(w




12日目:
皆さんの協力のもと、ようやくLv40に到達しました。
これでようやく転職クエストを受けることができます。
早速40オーバー転職クエスト待ちのギルドメンバーを誘って転職クエストに出陣です。


My任務は壁役。後方から攻撃を仕掛ける皆さんの盾となるのが任務です。
そうと決まれば割り切って、普段は使わない「鉄壁」スキルで準備します。
攻撃力-50、防御力+50のスキルなので、ハナから攻撃は放棄モード。
コンボ発生の為の「パワーアタック」をかけるだけ。
後は霊術師さんの回復を受けつつ、敵の攻撃をひきつけて、ひたすら耐えます

クエストボスを撲殺して任務完了。無事に転職できました。


転職先は騎士さん。CONにステータス割振を注力していたので、イビルナイトになるのは無理だな、ということで。

騎士になると防御系スキルが結構増えるので、スキルブーストで防御力400オーバーになる強固な壁役の誕生です。


「ふふん、この騎士様に壁役はお任せあれ」とパーティ組んで向かった先はディープラボ。
…前衛でいきなり撲殺されました。
この紙防御!と罵られる始末(w





14日目:
紙防御を襲名した哀れな騎士さん。
盾役の職業として、このままでは情けない限り。

で、防御を上げよう!ということで、色々手を打つことにしました。

具体的にはレベル上げと装備の向上。レベルを上げつつドロップアイテムの紫装備を狙います。


装備の紫色化は順調に推進中。ついでにHPもあがっているので、微量なれど硬くなっているはず。
ついでに47レベル装備も拾っているので、将来準備もばっちりです。

しかし、まだ防御力が追いついておらず、油断すると直ぐにご臨終です
良く倒れる壁だなーとつっこみを貰ってます(w




20日目:
ちょっとレベルも上がってきたので、ギルドの人に誘われて狩場を移動することに。
…比良城ですか。
来たことないというか、レベル40台のキャラクターが来るところではないです。
ここの小鬼が美味しいのだ!という言葉を信じて、さっそく突撃。


うわ!痛いよ、こいつらの攻撃。

なんて苦労はしますが、確かに経験値は素敵です。
狩をしながら前進していくと、二階への階段が。上がってみましょう♪


…最近のタヌキは空を飛ぶんですねぇ。
なんていいながら、タヌキ狩りをします。レベル40台が4人がかりで、まあ普通に倒せるかな?くらいの感じ。
パーティ組むと20レベル以上上のモンスターを狩れるので大変効率的です。




23日目:
レベル50に到達した騎士さん。
ここいらでレベル上げの狩りを一休みして、クエストやアイテム集めを楽しむことにしました。


二次職転職前くらいから、ほとんどクエストなんてしていなかったからねぇ。
で、とりあえず狙いはセント平原にある洞窟と教会のクエスト

それぞれ、
洞窟:「名誉隊員」の称号
教会:レベル47のクエスト装備
がもらえるそうです。


で、始めてみたわけですが、このクエストの数は一体なんですか?
教会-洞窟-セントメテオの往復お使いクエストも多数。
挙句の果てにセントメテオのクエストもほとんどしていなかったので、洞窟クエストの前提クエストとして「刀の破片を50個集めて来い!」なんてクエストまで受ける羽目に。

レベル低めのクエストばかりなので、パーティを募るわけにもいかず、ソロで黙々と攻略を続けます。

洞窟地下二階:封魔騎士デュラハン …撃破
教会地下一階:溶岩ガーゴイル …撃破
洞窟地下三階:武術カマイタチ …撃破
教会地下二階:邪霊カカシ …撃破
ついでに襲い掛かってきた教会1階:首無騎士ディラン …撃破

まあ、なんとか終わらせました




25日目:
今日もPTにて狩りに出発。
ソロ狩りでは辛いところも、支援もらえればモンスターレベルが相当高くても何とかなります。
今日のPT相手がオシャレしていたので、こちらもオシャレで対抗です。

BS画像1


メイドさんと学ランのコンビ。着せ替えスキンは色々あって楽しいゲームなのですが、まあ課金なのです。商売うまいですな。



で、折角おめかししたのですが、今日の狩場は洞窟最下層。

BS画像


ずぶ濡れですよ(w


とても美味しいモンスターとのことで撲殺を開始した訳ですが、確かに美味しい。レベル50前後2名のパーティだと、どっさり経験値がもらえます。
たちまちのうちに稼げる経験値と消耗していく青ポ(MP回復剤)。200個持ってたのにみるみるなくなっていきます。


あと、戦闘中に気付いたのですが、
BS画像3


短いスカートが気になる・・・まあ、パンツゲーなんて言われてますし(w

ちょっとレベルも上がって満足満足。

この記事へのコメント

shooting star
2008年04月22日 15:53
ブライトシャドウで便利に使える補助装置!今や大人気です。
ゲームを思いのままに操作できて、無理なゲームプレイによる疲れなどから開放。
. macro : ゲームでの反復的な(キーボード/マウス)動作を録画して再生。
. graphic2 : ゲーム画面を認識し、使用者の指定した動作(攻撃/スキル/水薬/拾い)を実行。
この他にもオンラインゲーム専用のアイテムが勢ぞろいです。
詳しい情報をご希望であれば、下記のアドレスから確認してください。
( automouse.jp )