テーマ:歴史

天城級巡洋戦艦の建艦中止時期

Wikiで拾ったのですが、高雄と愛宕は1924年に建造中止になったのですかね? ワシントン条約は1922年なのに・・・。 ついでに高雄の元艦名が愛鷹というのも本当だろうか?なんでかえたんだろ? 初歩的な話ですが、よく考えたら八八艦隊ってちゃんと調べたことないんですよね・・・。 なんで、こんな話をしているかとい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第101号魚雷艇

Yahooのニュースで元特攻隊員が原爆手帳を取得したとのニュースを読みました。 長崎湾で魚雷艇の訓練中に被爆したとのこと。 で、そのニュースに特攻魚雷艇「第101号魚雷艇」に乗っていたとの記述があり、「?」と思ってちょっと調べてみました。 元々「第101号魚雷艇」は、オランダ製でスラバヤで沈没状態で鹵獲された「TM4型魚雷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

潜水母艦「駒橋」

ひょんなことから、尾鷲湾で終戦直前に発生した海戦を調べていて、そこで出てきた軍艦です。 第三海上護衛隊(この時期には第四特攻戦隊に改編されていたはず)の旗艦で、東京湾-瀬戸内海の内海航路の護衛任務に従事していたのですが、1945年7月28日の尾鷲湾の米機動部隊艦載機空襲で沈没しています。 この海戦では第45号海防艦や第14号駆潜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田正澄

最近、オンラインゲームばっかりやっていますが、普通のコンシューマーに興味がなくなった訳ではないんです。 ということで、今気になっているゲームはこの「采配のゆくえ」(←公式サイトリンク)。 コーエーの新しい戦国ゲームですね。まだ、情報が不足しているのでどういうゲームかあまり分かりませんが、関ヶ原モノで主人公は石田三成らしいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・雪景色

昨日の日曜日は妹の結婚式に出席する為、開催場所の京都まで弾丸旅行です。 諸事情で日帰りとなった為、朝7:00には家を出て、8:00過ぎの東海道新幹線に乗ることにします。 ノーマルの700系か…まだ乗ったことがないので、新型のN700系ってヤツに乗ってみたかったのですが、それはまた次の機会に。 幸い指定席が取れたので、発…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「西南戦争」

今日も代休…期末までに消化しきれるのだろうか?まだまだ溜まっていますよw 今日は家で、撮り溜めしたテレビを消化しつつ、溜まった本の消化に投入。 平日で空いてるから都内に行っても良かったんですが、最近浪費が激しいので我慢我慢。 で、今日読んだ本。 「西南戦争 西郷隆盛と日本最後の内戦」 小川原正道著 中公新書…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

石火矢と焙烙火矢

先日、暇つぶしに歴史書を何冊か購入したのですが、その中に村上水軍の本があります。 「村上水軍全史」 森本繁著 新人物往来社 2008年1月10日初版発行 帯に「はじめて描かれた、瀬戸内・村上水軍の歴史。」とありますが、村上水軍の本って結構出てるし。学研M文庫とかで読んだことあるんだけど、まあいいか。 通史的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『愛宕』奮戦記」

最近あまり光人社のNF文庫を読んでいなかったのですが、重巡洋艦「愛宕」の戦記はあまり読んだことがなかったので、ちょっと手に取ってみました。 「愛宕奮戦記 旗艦乗組員の見たソロモン海戦」 小板橋孝策著 光人社NF文庫 2008年2月18日初版発行 著者は「下士官たちの戦艦大和」という著書もある元海軍下士官で、本書の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「毛利隆元」

今日電車に乗るときに読む本ないかと思って、本屋の歴史コーナーを眺めていたときに見つけた本です。 「毛利隆元」 金谷俊則著 中央公論事業出版 2008/1/15初版発行 毛利隆元というと、毛利元就の長男で、関ヶ原合戦の西軍総大将だった毛利輝元の父にあたる戦国武将です。 元就から家督を譲り受けた後、まだ元就の影響力が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の上陸作戦

先日、ミリタリー好きが集まった飲み会で、日本の上陸作戦についてのネタでちょっと盛り上がりました。 まあ、あれこれいろんな意見が出たのですが、逆にいろんな意見が出るという事は、日本の上陸作戦についてまとまった概念や通史が出来ていないということではないかな?と感じた訳です。 これまで陸軍の船舶兵を中心に色々輸送・上陸関係を調べたこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【歴史雑学Q】日本で初めて電信機械を作ったのは?

週末にちょっと病院に行く用事があったのですが、待ち時間が長くなると思ったので、「工兵入門」(佐山次郎/著 光人社NF文庫)を再読していました。 「いて号兵器」とか「驀開機」とかマニアックな兵器が沢山載っている本なのですが、その中に電信電話の章もあります。 野戦電話局の苦労は、「通信隊戦記」(久保村正治/著 光人社NF文庫)をお読み頂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学研「歴史群像新書」神経衰弱

昨日、本棚を整理していたときのこと。 我が家では本は3段階に分かれて整理されています。 Aクラス:本棚手前に目立つように並べる Bクラス:本棚奥に並べる。読みたい時は手前の本をどかす。 Cクラス:段ボールにつめて、ロフトの蔵書置き場へ。 ランク外:ブックオフに出荷。 で、本があふれてきたので整理していたわけですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代祭

久しぶりに京都に行く用事があり、スケジュールが丁度あったので、時代祭を見物しにいってきました。 新幹線の指定席の都合で戦国時代くらいまでしか見られず、今年から新しく行列に加わった室町絵巻や平安絵巻は見ることができなかったのですが、それでも充分楽しめました。 ずっと京都に住んでいた経験が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦国の城」

「戦国の城」 小和田哲男著 学研新書 2007年6月に創刊された「学研新書」ですが、その中に面白そうな本があったので、思わず手に取ってしまいました。 内容は戦国時代に限定した城の入門書です。取り立てて目新しい記述があるわけではないのですが、基本的な用語や歴史を1冊にまとめてあるので、結構勉強になります。 後、写真や図が豊富…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近の読書

今年に入ってから読書ペースが随分落ちてる気がします。特に漫画。 読みたいと思っても時間が経つとまあいいか、と思ってしまう訳ですが、そもそも読書っていうのは積ん読してタイムラグを作ると読む気というか、一気呵成に片づけてしまおうというのが無くなってしまう訳で…私だけですか? まあ、そんな中最近読んだ本なんか紹介です。 「覇者の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【戦国武将】土井清良

「戦国無双2猛将伝」で長宗我部元親を使っているので、そういや忘れていることもあるし、ちょっと調べてみようかと思った訳です。 司馬遼太郎の「夏草の賦」とかで元親はそれなりに知っているのですが、四国統一戦とか追っかけていると土井清良という武将が出てきました。 伊予は三間の国人で西園寺氏に所属していた武将ですが、長曾我部氏の大軍を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊達政宗

2年に1度くらいやってくるマイブーム「海音寺潮五郎まつり」。 他のお祭りに「北方謙三まつり」とか「阿部龍太郎まつり」とかがありますが、今回は「海音寺まつり」でした。 で、何が良いかな?「武将列伝」でも読み返そうかな?と思いましたが、久しぶりに「伊達政宗」にしました。 他の著者の政宗像は豪快、快活な正宗が多いのですが、海音寺版は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【歴史雑学Q】槍は日本でいつから使われた?

今回は武器の話から。 先日、房総半島のお城を見てきたのですが、そこに展示してあった槍が妙に魅力的だったので、今回は槍の問題にしてみました。 問3.日本で槍が使われ始めたたのは何の戦いか? A. 古来中国からの渡来武器である矛が発展して槍へと進化した。 矛は穂先に柄を付けた武器だが、槍は柄に穂先を差し込む武器で、柄を固定…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【歴史雑学Q】なぜ群馬県庁は前橋市なのか?

群馬県の県庁所在地は前橋市ですが、前橋に決まるまで色々と紆余曲折がありました。 群馬県の2大都市といえば前橋と高崎で(歴史の古さから言えば桐生市もあります)、 結果として県庁が前橋に置かれた為、高崎市の前橋市へのライバル心は今も強いものがあります。 と、いうことを前提として今日の問題です。 問2.群馬県庁が前橋に置かれて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【歴史雑学Q】プリンが日本に伝わったのは?

せっかくブログやってるのに、書くことなくて更新しないのも何だかなぁと感じていたこの頃。 暇な時間に調べていた歴史の小ネタでも紹介してみるのも良いかな、と。 ネタを書くだけではなんなので、クイズ形式にしてみました。 これかな?と解答が分かった方はコメントにつけてもらえたりすると嬉しいです。感想なんかもついでに入れて貰えれば、問題考え…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more