テーマ:ミリタリー

天城級巡洋戦艦の建艦中止時期

Wikiで拾ったのですが、高雄と愛宕は1924年に建造中止になったのですかね? ワシントン条約は1922年なのに・・・。 ついでに高雄の元艦名が愛鷹というのも本当だろうか?なんでかえたんだろ? 初歩的な話ですが、よく考えたら八八艦隊ってちゃんと調べたことないんですよね・・・。 なんで、こんな話をしているかとい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第101号魚雷艇

Yahooのニュースで元特攻隊員が原爆手帳を取得したとのニュースを読みました。 長崎湾で魚雷艇の訓練中に被爆したとのこと。 で、そのニュースに特攻魚雷艇「第101号魚雷艇」に乗っていたとの記述があり、「?」と思ってちょっと調べてみました。 元々「第101号魚雷艇」は、オランダ製でスラバヤで沈没状態で鹵獲された「TM4型魚雷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ひゅうが」就役

横浜のIHIで海自のヘリ護衛艦「ひゅうが」が就役したそうです。 一昨日のニュースですが。 読売新聞ニュース → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090318-00000510-yom-soci 平甲板のヘリ護衛艦。「DDH」なんだそうです。どう見ても駆逐艦(DD)には見えませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鋼鉄の海嘯 南洋争覇戦(2)」

横山信義氏の新刊が出たので購入してきました。 前段「樺太沖海戦」シリーズでソ連を無力化した日本が、後顧の憂いなく対米戦に突入するという戦記シミュレーション通巻第4巻。 前巻で出てきた新型戦闘機「天風」とF6Fの制空戦がメインの太平洋艦隊決戦の上巻となります。 1巻でアメリカの条約型戦艦を整理したので、いつものパター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潜水母艦「駒橋」

ひょんなことから、尾鷲湾で終戦直前に発生した海戦を調べていて、そこで出てきた軍艦です。 第三海上護衛隊(この時期には第四特攻戦隊に改編されていたはず)の旗艦で、東京湾-瀬戸内海の内海航路の護衛任務に従事していたのですが、1945年7月28日の尾鷲湾の米機動部隊艦載機空襲で沈没しています。 この海戦では第45号海防艦や第14号駆潜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バトルシップコレクション

1/2400スケールのウォーターラインの食玩です。コンビニで見かけて買ってみました。 どうしようかな~と思ったのですが、「協力:海洋堂」と書いてあったので。 ラインナップは9隻+シークレットですが、実質色違いの5種類ですね。 大和級(大和、武蔵) アイオワ級(アイオワ、ミズーリ) キングジョージ5世級(キン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦場に輝くベガ」

書きたいネタは1ヶ月分くらいたまっているのですが、とりあえず今日のネタを熱いうちに書き込むということで。 子供や金魚の話は少しずつ書いていきます。 今日は知人に誘われて「タイムドーム明石」というプラネタリウムに行ってきました。正式名称は「中央区郷土天文館」というそうです。 そこで戦争中の天文航法をモチーフとした作品を上映し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ドイツ列車砲&装甲列車戦場写真集」

タイトルの本を買ってきました。本屋で見かけて躊躇なくレジに直行です。 「ドイツ列車砲&装甲列車戦場写真集」 広田厚司著 光人社 2007年12月10日初版発行 お値段は\1800。確かに薄いですが、これだけ隅っこの世界の写真ばかりを集めた写真集としては、とてもとてもお安いかと思いますよ。 ドイツの列車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『愛宕』奮戦記」

最近あまり光人社のNF文庫を読んでいなかったのですが、重巡洋艦「愛宕」の戦記はあまり読んだことがなかったので、ちょっと手に取ってみました。 「愛宕奮戦記 旗艦乗組員の見たソロモン海戦」 小板橋孝策著 光人社NF文庫 2008年2月18日初版発行 著者は「下士官たちの戦艦大和」という著書もある元海軍下士官で、本書の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の上陸作戦

先日、ミリタリー好きが集まった飲み会で、日本の上陸作戦についてのネタでちょっと盛り上がりました。 まあ、あれこれいろんな意見が出たのですが、逆にいろんな意見が出るという事は、日本の上陸作戦についてまとまった概念や通史が出来ていないということではないかな?と感じた訳です。 これまで陸軍の船舶兵を中心に色々輸送・上陸関係を調べたこと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「シンガポール陥落」

「シンガポール陥落」 光人社NF文庫 フランク・オーエン著 永沢道雄訳 太平洋戦争初期のマレー侵攻作戦、シンガポール攻略については、色々な著作が出ており、色々な観点から読み解くことが出来る戦線です。 が、本書は英連邦側から見たシンガポール防衛作戦の著作です。確か、サンケイから昔出ていた「第二次世界大戦ブックス」シリーズに「シン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近模型作ってないな

買うだけは買うんですが、組まずにほったらかし。 ゾイドなんか随分溜まっています。 そんな状態なのに、色々欲しいキットが最近発売されたり、発売が予定されたりして困っています。 http://item.rakuten.co.jp/tjs/plm-asm034/ ↑ この恐ろしいキット「列車砲ドーラ」はアオシマが9月に輸入す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピッドヘッド沖の足柄

巡洋艦「鹿島」について調べていた時に、「足柄」の写真を見つけました。 昭和12年のジョージ6世戴冠式記念観艦式に出てた時のやつです。 艦橋の脇にパラベーン装備してるんですね。 この位置に装備してるということは、横に搭載している艦載艇を使って運用していたのだろうか?等と考えていると、ふと疑問が。 パラベーンの装備位置は上甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more